女性を診ている医者

カンジダ性膣炎を発症する女性は少なくありませんが、これは治療することができたと思っても、しばらくすると症状を繰り返してしまうことが多いと言えます。その原因は体の免疫力の低下によるものが大きいので、原因をしっかりと把握して症状を繰り返さないように努めましょう。

そもそもカンジダは体内にいる常在菌が原因となって発症することが多い病気であり、女性の膣内には原因菌が存在していてもおかしくないのですが、免疫力が低下するとこれが増殖してしまいます。異常に増殖した常在菌は身体に悪さをするようになってしまい、カンジダの諸症状が引き起こされるわけですが、1度治療が終了しても体内に原因菌が残っていれば同じことを繰り返す可能性があるというわけです。もともと体内に存在していておかしくない菌に対する治療を行うわけですから、病院で再検査などを行ったとしても、原因菌が多少残っている場合でも治ったと判断されることが多いと言えます。その状態で免疫力が低下してしまうと、少しずつ常在菌が増殖してしまって、同じようにカンジダを発症させる可能性があるというわけです。

カンジダ性膣炎を何度も繰り返したくないのであれば、体の免疫力を下げてしまわないように注意することが大切です。バランスの悪い食生活や極端な運動不足、睡眠不足や疲労困憊の状態が続くと免疫力を低下させてしまいます。日頃から免疫機能を低下させないような暮らしを意識すれば、免疫力の低下によるカンジダ菌の増殖を防ぐことができるはずです。不潔な下着や衣類を長時間着用することも免疫力の低下に繋がるので、下着を清潔に保つことも大切だと言えます。

かゆみや痛みなどの困った症状に悩まされてしまうことが多いカンジダは、体の免疫力の低下によって引き起こされることがほとんどです。普段の生活を丁寧にすることで発症を防ぐことができるので、規則正しい生活やバランスの良い食事、定期的な運動習慣を意識するようにしましょう。生活を改善して体の免疫機能が向上すれば、カンジダ性膣炎のような症状を発症しにくくすることができるので、まずは普段の生活習慣を意識して変えていくことが大切だと言えます。カンジダ性膣炎を繰り返してしまう理由が分からずに困ってしまう人は少なくありませんが、体の免疫機能が低下していることが原因だと言えるので、この問題が改善できるように日頃から生活改善を意識して気をつけてください。