• ホーム
  • カンジダ治療薬のエンペシドクリームを使えば1週間で治療可能

カンジダ治療薬のエンペシドクリームを使えば1週間で治療可能

黄色のカプセル

エンペシドクリームを用いてカンジダを治療すれば、1週間で外陰部や亀頭の症状を改善することができるでしょう。カンジダは女性の外陰部や男性の亀頭に発症してしまうことがありますが、それぞれの場所を治療するのであればクリームタイプの塗り薬を活用することができます。飲み薬が苦手な人は少なくありませんが、塗り薬であれば錠剤を飲む必要がないので、誰でも簡単に使うことができるはずです。

カンジダ治療薬の1つであるエンペシドクリームにはクロトリマゾールという成分が配合されており、これはカンジダに効果がある抗真菌作用を持っています。この病気は真菌が原因となって発症するので、抗生物質などの治療薬では治すことができません。クロトリマゾールのように真菌に効果がある成分を含んだエンペシドクリームだからこそ、確実にカンジダの症状を改善していくことができるというわけです。

エンペシドクリームの使用方法は、1日に数回患部に塗ることを1週間続けるというものなので、とても簡単に使うことができます。ただし、治療効果を確実に発揮させるためにはいくつかのことに注意しておかなければならないことを知っておきましょう。エンペシドクリームを使用していると、1週間経たないうちに症状が改善される場合がありますが、症状が改善されたからとやめてしまえば、実は完全に治療が終わっておらず症状を再発させてしまう可能性が高いです。塗布するときに患部を中心として少し広めに塗らなければ、患部の周りに存在している菌を退治することができず、治せない可能性もあるので注意してください。

稀にエンペシドクリームを用いたけれど、カンジダの症状が改善されないことがありますが、このようなケースは女性に多く、これは外陰部だけではなく膣に症状があるからだと言えます。エンペシドクリームは直接塗ることができる部分にしか効果を与えることができないので、膣カンジダを発症している場合は膣錠タイプのカンジダ治療薬を併用しなければならないでしょう。

女性の外陰部や男性の亀頭に感染したカンジダは、エンペシドクリームというカンジダ治療薬で効果的に治療することができます。患部に塗布するだけで簡単に症状を改善することができるので、非常に便利なカンジダ治療薬です。外陰部や亀頭のかゆみ、痛みなどの症状に悩んでいる場合は、1週間でカンジダを治すことができるエンペシドクリームを正しく活用しましょう。