• ホーム
  • 膣内のカンジダ症状に!カンジダ治療薬ならカーネステン膣錠

膣内のカンジダ症状に!カンジダ治療薬ならカーネステン膣錠

薬を飲む女性

膣内に起こったカンジダの症状は、カーネステン膣錠というカンジダ治療薬を用いることで効果的に治すことができます。カンジダの治療薬には多種多様な商品がありますが、選び方を間違えてしまうと効果的に治療することができません。膣内に起こった症状は塗り薬では治すことができないので、カーネステン膣錠のように直接作用するタイプの治療薬が適しています。

カーネステン膣錠にはクロトリマゾールという抗真菌作用を持った成分が配合されており、これが原因菌に対して作用することで菌を退治することが可能です。体内の原因菌に殺菌作用を示すことができるので、治療薬の効果を受けてしまった菌は生存することができずに死滅し、カンジダの諸症状が改善されていきます。病原菌の活動を抑制するだけではなく発育や増殖を阻止、最終的には死滅させることができるので、高い治療効果を実感することができるでしょう。

膣に治療薬を挿入するカーネステン膣錠は使い方が難しそうだと思う人が多いようですが、コツを掴んでしまえばスムーズに使用することができるようになります。自分の膣内に指を入れたことがない人や性交の経験がない人は挿入に戸惑ってしまうようですが、説明書通りに使用すれば膣の奥のほうに治療薬を入れることができるはずです。治療薬の形は丸みを帯びていてサイズもそれほど大きくないので、痛いと思わずに挿入することができるでしょう。

カーネステン膣錠は1日に1回就寝前に膣内に挿入するという使用方法で治療を進めていき、これを6日間続けることが推奨されています。途中でやめてしまった場合は十分な効果が得られないことがあるので、医師などに相談してどうするべきか指示を仰ぎましょう。生理中は使用することができないので生理を避けて使用しますが、生理がこない予定の期間に使用していても、タイミングがずれて生理がきてしまう場合もあります。継続して使用できない場合は生理後にやり直すことになる可能性が高いですが、場合によっては症状が改善されている可能性もあるので、医師に相談してみましょう。

カンジダ治療薬の中でも、カーネステン膣錠は女性の膣カンジダに有効な治療薬であり、患部に直接働きかけるのでとても高い効果を得ることができます。膣カンジダを発症して困っているのであれば、効果が高いとされているカーネステン膣錠を利用して、患部に直接治療効果を発揮させることがおすすめです。正しく使用すれば1週間ほどで完治することができる場合が多いので、使用法を守って症状を改善していきましょう。